CATEGORY

哲学

哲学の専門用語

哲学は専門用語を覚えていくことで理解が深まります。

和辻哲郎の間柄的存在とは

間柄的存在
>>間柄的存在とは|和辻哲郎の倫理学をわかりやすく

和辻哲郎, 空の思想, 絶対無の場所, 西田幾太郎, などにも触れています。

レヴィナスの「顔」とは

レヴィナスの顔
>>レヴィナスの「顔」を解説

ボードリヤールのハイパーリアルとは

ハイパーリアルから現代を考えることが出来ます。

ハイパーリアルとは
>>ハイパーリアルとは

ヒュームの「知覚の束」とは

「知覚の束」と多様性を絡めて考察しています。

知覚の束
>>ヒュームの「知覚の束」

オッカムの剃刀とは

オッカムの剃刀
>>オッカムの剃刀とは

実存主義とは

実存主義とは
>>実存主義とは

哲学者|ショーペンハウアーの哲学

私が哲学に触れるきっかけになった哲学者ショーペンハウアーについて取り扱っていきます。

読書について

読書について
>>ショーペンハウアー著「読書について」

哲学者とソフィストの違いとは

ショーペンハウアーの思考を参考に、哲学者とソフィストの違いを述べています。

哲学者とソフィスト
>>哲学者とソフィストの違い

哲学とは

哲学とはなんでしょうか。

何回かにわけて哲学を説明しています。

こども哲学

こども哲学
>>こどもに哲学を伝える方法

「星の王子さま」の翻訳による違い|愛とは


>>星の王子様|「愛」とは

「アフォリズム, ベルクソン,  等質的時間, 純粋時間」などから考察。

心理学

哲学の初期を勉強していると、まだ心理学と哲学がわかれていない部分もでてきます。

これがそう、というわけではありませんが心理学での思考の仕方を身につけると、それが哲学に役に立つことがあります。

「4枚カード問題」からわかりやすくなる心理学を解説。

4枚カード問題
>>「4枚カード問題」(ウェイソン選択課題)とは

ソクラテスの対話とは「対話を消滅させる対話の目的」

ソクラテスといえば、以前ブログで「無知の知」について扱いました。 問答法によって「無知の知」の自覚を促したソクラテスは、実は対話を信じていなかったと言われています。 実際には、ソクラテス的な対話など存在しない。ソクラテスは対話を消滅させるために対話を借用する。対話それ自体が消え去ることを望んでいるのだ。ソクラテスは対話が自分にとってどうでもいいものであることを分かっている。ソクラテスは対話を信じて […]

ブリコラージュとは-わかりやすく具体例から説明

ブリコラージュという言葉は、構造主義を唱えたレヴィ=ストロースが著書「野生の思考」の中で語りました。 >>構造主義をわかりやすく ブリコラージュは、時間と資源が限られた中、即興で切り抜けることを言います。(哲学用語事典 小川仁志) 時代や文化や技術による優劣はない、とブリコラージュによって考えることができます。 それでは、ブリコラージュをみていきましょう。 ブリコラージュとは ブリコラージュとは、 […]

自由意志論と決定論の違いをわかりやすく比較-マルクス・ガブリエルの見解

自由意志論と決定論の違いを今をときめく哲学者マルクス・ガブリエルの見解から見ていきます。 ・自由意志論⇨人間は自発的に意志を生み出すことができるという考え方。 ・決定論⇨世界で起こる出来事には原因が存在する。自由意志で決めていると言うのは錯覚だとする考え方。 マルクス・ガブリエルは自由意志を最初に述べたのは哲学者ショーペンハウアーだといいます。 ショーペンハウアー哲学では、自由意志を否定します。 […]

ポピュリズムとは何か-オルテガの大衆から解説。

ポピュリズムの日本語訳は大衆主義。 ポピュリズム(大衆主義)とは、一般大衆の考え方や感情、要求を代弁しているという政治上の主張と運動です。(広辞苑 参照) ポピュラーと同じく大衆は、一般向き、広く普及しているという意味になります。 しかし、度々ポピュリズムは悪い意味で使われています。 例えば、世界でベストセラーの「21世紀の啓蒙㊦」で取り上げられています。 一般がなぜ悪い意味を持つのでしょうか。 […]

アルチュセールの認識論的切断とは-考えるを考える

アルチュセールは認識論的切断という思想から、人がどのように考えていくのかを考えました。 認識論的切断と漢字が並んでいるので、難しい印象を受けますが半分は文字通りです。 認識を切断するような問いの変化が、個人の頭の中に起こることを言います。 私たちは考える生き物です。 その考えるを具体的に考えてみましょう。 では、アルチュセールの認識論的切断を見ていきます。 ちなみにジャン・ギトンの「もしすべてがバ […]

非合理性が合理的になる例を「囚人のジレンマ」ゲームから解説。

非合理性がどうして得をすることになるのか? 非合理性とは、合理性を含まない認識、思考、会話、行動のことをいいます。 一般的に合理性とは、道理にかなった性質や、むだなく能率的に行われるような物事の性質をさします。 道理にかなっていなかったり、能率的ではない行動が得をしてしまうという矛盾がどうして生じてしまうのか、という問いです。 えっ!合理的な行動は得をするんだと思ってた! このように本来ならば、合 […]

人新世とは何か-人が環境に与える影響を考える

人新世(じんしんせい)とは、「人類の時代」を意味します。(哲学用語事典 参照) それは、地球が人類からの影響を強く受けすぎていることを表しています。 今までは、完新世といって人類が地球から強い影響を受けていると考えてきました。 完新世:地球>人類(人は大きな地球に対して何をしても変わらない) 人新世:地球<人類(人が地球に影響を与えすぎて地球が病んできた) えっ、地球が病気なの!? 地球が人類に操 […]

機能主義を思考実験からわかりやすく解説!

機能主義とは、心は機能によって定義できると考える立場です。(続哲学用語図鑑参照) 心は脳の機能であると考えます。 今をときめく哲学者マルクス・ガブリエルは著書『「私」は脳ではない』で、私が脳であるという考えを否定しています。 機能主義の否定です。 しかし、今の科学の世の中では、私たちは気がつかないうちに私は脳であることを受け入れています。 機能主義を知ることで、その無意識に持っている思考を表面化し […]

クオリアの意味を思考実験からわかりやすく解説!

クオリアとは、主観的に経験される感覚のことです。(哲学用語事典 哲学用語図鑑 参照) クオリアと言えば、脳科学者の茂木健一郎さんが本を書いたことで日本でも知られるようになりました。 聞くと面白い思考実験「マリーの部屋」や「哲学ゾンビ」など、これらはクオリアに関わっています。 具体例を通してクオリアを知り、心の哲学の問題を身近なものにしていきましょう。 思考実験で実際に想像してみよう。 クオリアの意 […]

ルソーの「社会契約論」と一般意思(東浩紀さん解釈)を紹介

社会契約説の成り立ちをホッブズ⇨ロック⇨ルソーの順でみていきます。 >>ホッブズの社会契約説 >>ロックの社会契約説 今回はルソーの社会契約説を紹介していきます。 ジャン=ジャック・ルソー(1712-1778)はフランス革命前夜の急進的啓蒙思想家と言われています。(哲学用語図鑑) では、ルソーが考えた社会契約説を見ていきましょう。 ルソーは哲学でも小説でも、教育論でもいろんなところで近代に影響を与 […]

>けうブログ

けうブログ

哲学を身近に