けう
AUTHOR

けう

哲学オタクのレジ店員が哲学を発信/国立大学哲学科卒/himalayaラジオ2020年の顔50に選ばれる/リライズインタビュー動画(YouTube)あり/8歳・5歳の母

経済学者センとケイパビリティ|高校倫理1章6節4

このブログの目的は、倫理を身近なものにすることです。 (高校倫理 新訂版 平成29年検定済み 実教出版株式会社)を教科書としてベースにしています。 今回は 高校倫理第1章 「現代に生きる人間の倫理」 第6節「社会参加と幸福」 4.経済学者センとケイパビリティ を扱っていきます。 6節「社会参加と幸福」 >>1.シュヴァイツァーと「生命への畏敬」 >>2.ガンディーと非暴力の […]

ロールズと正義論|高校倫理1章6節3

このブログの目的は、倫理を身近なものにすることです。 (高校倫理 新訂版 平成29年検定済み 実教出版株式会社)を教科書としてベースにしています。 今回は 高校倫理第1章 「現代に生きる人間の倫理」 第6節「社会参加と幸福」 3.ロールズと正義論 を扱っていきます。 6節「社会参加と幸福」 >>1.シュヴァイツァーと「生命への畏敬」 >>2.ガンディーと非暴力の思想 1、2 […]

ガンディーと非暴力の思想|高校倫理1章6節2

このブログの目的は、倫理を身近なものにすることです。 (高校倫理 新訂版 平成29年検定済み 実教出版株式会社)を教科書としてベースにしています。 今回は 高校倫理第1章 「現代に生きる人間の倫理」 第6節「社会参加と幸福」 2.ガンディーと非暴力の思想 を扱っていきます。 前回は1.シュヴァイツァーと「生命への畏敬」をやりました。 シュヴァイツァー(1875-1965)はノーベル平和賞を取った偉 […]

シュヴァイツァーと「生命への畏敬」|高校倫理1章6節1

このブログの目的は、倫理を身近なものにすることです。 (高校倫理 新訂版 平成29年検定済み 実教出版株式会社)を教科書としてベースにしています。 今回は 高校倫理第1章 「現代に生きる人間の倫理」 第6節「社会参加と幸福」 1.シュヴァイツァーと「生命への畏敬」 を扱っていきます。 前回までは第5節「人間への新たな問い」を8回にわたって見てきました。 5節「人間への新たな問い」 >> […]

レヴィナスと他者の哲学|高校倫理1章5節8

このブログの目的は、倫理を身近なものにすることです。 (高校倫理 新訂版 平成29年検定済み 実教出版株式会社)を教科書としてベースにしています。 今回は 高校倫理第1章 「現代に生きる人間の倫理」 第5節「人間への新たな問い」 8.レヴィナスと他者の哲学 を扱っていきます。 5節「人間への新たな問い」 >>1.フロイトと無意識の発見 >>2.ソシュールと言語学 >& […]

フーコーと「人間」の終焉|高校倫理1章5節7

このブログの目的は、倫理を身近なものにすることです。 (高校倫理 新訂版 平成29年検定済み 実教出版株式会社)を教科書としてベースにしています。 今回は 高校倫理第1章 「現代に生きる人間の倫理」 第5節「人間への新たな問い」 7.フーコーと「人間」の終焉 を扱っていきます。 5節「人間への新たな問い」 >>1.フロイトと無意識の発見 >>2.ソシュールと言語学 > […]

レヴィ=ストロースと構造主義|高校倫理1章5節6

このブログの目的は、倫理を身近なものにすることです。 (高校倫理 新訂版 平成29年検定済み 実教出版株式会社)を教科書としてベースにしています。 今回は 高校倫理第1章 「現代に生きる人間の倫理」 第5節「人間への新たな問い」 6.レヴィ=ストロースと構造主義 を扱っていきます。 5節「人間への新たな問い」 >>1.フロイトと無意識の発見 >>2.ソシュールと言語学 &g […]

ハーバーマスと対話的理性|高校倫理1章5節5

このブログの目的は、倫理を身近なものにすることです。 (高校倫理 新訂版 平成29年検定済み 実教出版株式会社)を教科書としてベースにしています。 今回は 高校倫理第1章 「現代に生きる人間の倫理」 第5節「人間への新たな問い」 5.ハーバーマスと対話的理性 を扱っていきます。 5節「人間への新たな問い」 >>1.フロイトと無意識の発見 >>2.ソシュールと言語学 > […]

フランクフルト学派と「啓蒙の弁証法」|高校倫理1章5節4

このブログの目的は、倫理を身近なものにすることです。 (高校倫理 新訂版 平成29年検定済み 実教出版株式会社)を教科書としてベースにしています。 今回は 高校倫理第1章 「現代に生きる人間の倫理」 第5節「人間への新たな問い」 4.フランクフルト学派と「啓蒙の弁証法」 を扱っていきます。 5節「人間への新たな問い」 >>1.フロイトと無意識の発見 >>2.ソシュールと言語 […]

ウィトゲンシュタインと言語哲学|高校倫理1章5節3

このブログの目的は、倫理を身近なものにすることです。 (高校倫理 新訂版 平成29年検定済み 実教出版株式会社)を教科書としてベースにしています。 今回は 高校倫理第1章 「現代に生きる人間の倫理」 第5節「人間への新たな問い」 3.ウィトゲンシュタインと言語哲学 を扱っていきます。 前回から5節「人間への新たな問い」に入りました。 >>1.フロイトと無意識の発見 >>2. […]

>けうブログ

けうブログ

哲学を身近に