ポピュリズム

ポピュリズムとは何か-オルテガの大衆から解説。

ポピュリズムの日本語訳は大衆主義

ポピュリズム大衆主義)とは、一般大衆の考え方や感情、要求を代弁しているという政治上の主張と運動です。(広辞苑 参照)

ポピュラーと同じく大衆は、一般向き、広く普及しているという意味になります

しかし、度々ポピュリズムは悪い意味で使われています。

例えば、世界でベストセラーの「21世紀の啓蒙㊦」で取り上げられています。

一般がなぜ悪い意味を持つのでしょうか。

では、ポピュリズムを詳しく見ていきましょう。

人気が語源なのに、どうして悪い意味を持つんだろう?

ポピュリズムとは

ポピュリズム大衆主義)とは、一般大衆の考え方や感情、要求を代弁する政治上の主張と運動です

例えば、トランプ政権はポピュリズム、と言われます。

一般大衆の感情を取り入れて、アメリカファーストというアメリカを一番に重視する考えだからです。

他にも、日本にカジノを!という場合。

カジノをしたいという国民の気持ちを代弁しているとすれば、ポピュリズムになります。

日本ではあまりポピュリズムは浸透していないと言われています。

それは、エリート主義に批判的であったり、知識人などに批判的な政治思想と言われたり、日本では悪い意味だと捉えられることもあるからです。

では、同じく大衆という言葉を悪い意味に捉えた社会学者オルテガの大衆の考え方を見ていきましょう。

確かに、日本でポピュリズムってそんなに聞かないかも。

大衆を社会学で読み解く

社会学で大衆は、属性や背景を異にする多数の人々から成る未組織の集合的存在です

つまり、組織に属していないけれど、同じような気持ちや考え方を持つ集まりです。

スペインの哲学者ホセ・オルテガ・イ・ガセット(1883~1955)の大衆の考え方を見ていきます。

オルテガは人間をエリートと大衆の2つに分けて考えました。(社会学用語図鑑 参照)

エリートは少数者で、世の中をよくする努力を惜しまない人です

自分に多くの義務や責任を持ち、専門的な知識や技術を積みます。

 

それに対して大衆は、エリートの努力を当然のように扱う人です

大衆は社会や自分に責任を負いません。

知れ渡っている意見や価値観を一般的な考えとして押し付けます。

エリート⇨世の中をよくする努力を惜しまない人
大衆⇨エリートの努力を当然のように使い、責任を負わない人

このように言われると、自分がどちらに属しているのかが気になります。

オルテガは実際の職業や階級に関係なく、本人の心の持ちようでエリートか大衆かが決まると言いました

大衆の例を見ていきます。

高級なレストランに来たぞ!
ん?まずいから、お金返して!

大衆はコックさんの努力を当然とみなして、自分の意見を押しつけます

この政策はなってない!
どういう点がダメなの?
えっ、テレビでなってないって言ってた。

大衆は知れ渡っている意見を「一般的な考え」として、そこから反論します。

これを「説明深度の錯覚」といい、説明してと言われると自分が思っているほど世界を理解できていないというバイアスです

このバイアスを当たり前のこととして受け容れている人のことです。

この学者の説は人のパクリだ!-そうそう
理想論で、キレイごとだ!-そうそう
人の意見と一緒だと安心する-安心するね!

自分が他の人と一緒であることに安心感を覚えます

私は偉い科学者だから、エリート!
政治についての意見も言うよ。

この場合も大衆です。

科学の専門家であっても、専門外のよく知らない知識をもっともらしく言うことは大衆になり得ます

このような本人の心のもちようが大衆です

実際にエリートにこのような意見は直接には言わないかもしれません。

しかし、大衆は言わなくても心の中でそのような意見を持ってしまいます。

これは、「認知的不協和」といった理論から説明ができます。

あの木になってるブドウは高いところにあるから取れない!
でもあのブドウはすっぱいから取れなくてよかったんだ。
自分の考えと行動に矛盾が生じたときに不快感が生じます。(ブドウおいしそう⇨取れない!)
なので、それを和らげようと考え方を変えるのです。(ブドウはすっぱい)

人は自分の考えと相容れない情報に合うと、まずは自分の考えに固執する傾向があります。

自分の不快感の認知を訂正する時、無意識のうちに大衆になっている可能性があるのです。

社会学での大衆の使われ方を見てきました。

次にポピュリズムという言葉は政治でよく使われるので、政治での活用をみていきましょう。

ポピュリズムが政治で悪く言われる理由

ポピュリズムは政治で使われます。

まずは、政治の面で悪く言われる理由をみていきましょう。

政治が偏見を持ってしまう

「21世紀の啓蒙㊦」では政治に関してこのように言われていました。

「科学が証明-政治で計算できなくなる」
「誰もが政治でばかになる」

専門知識を持っていたとしても、自分の中で元から持っていた思想が、正しい政治を行えなくさせると言います。

自分に都合のいい政党に投票してしまう心理は否定できません。

「わたしたちはすでに、政党への肩入れがスポーツファンの応援と同じようなものだと知っている。」

と述べられています。

著者スティーブン・ピンカーによれば、この政治的な偏見は、もっと一般的に知れ渡るべきだと語ります

この偏見を打ち破るためには、科学的に実証されていることや、統計や事実を元に語ればいいと彼は述べていました。

さらに、大衆心理がおよぼす悲劇を紹介します。

大衆心理が及ぼす影響

大衆の思想ができていく過程を見ていきます。

私たちの常識はどのように変化するのでしょうか。

まずは知らないことを知ることから始まります。

そして、今までの非常識を受け入れる人が増えることでそれが常識になっていきます。
>>パラダイムシフトで説明ができます。)

その過程において、迫害されてきた人々がいます。
ブラックホールってすごいやつ」からストーリーを紹介します。

 

例えば、地球は回っていると唱えたコペルニクスは、その本の出版を死の直前に発表しました。

彼は司祭であったので、教会が公認する天動説を否定するのがはばかられたのです。

地動説は彼の死後、一時期において閲覧禁止になっています。

そして、コペルニクスの死後から約70年。

地動説を唱えたのがガリレオ・ガリレイです。

ガリレオは太陽を見すぎて目が失明状態になってしまっても、宗教裁判で異端者のレッテルを張られました。

破門が解かれたのは1992年。

350年間、ガリレオは破門されていました。

 

このように、人はどうしても否定できないことを、ゆっくりと受け入れていきます

受け入れられたときにようやく新しい常識になり、一般的な考えになってくるのです。

その過程において、迫害されてきた人がいます

オルテガの用法を使えば、その迫害する人される人を、大衆(迫害する人)とエリート(迫害を受ける人)というように言い換えられるかもしれません。

こども
これも基準は本人の心のもちようなんだね。
き、気をつけなきゃ。

大衆が一般的になる理由

ただオルテガのいう大衆は、また私たちの使う大衆とは違う場合があります。

大衆が肯定的に捉えられる場合です。

考えるな!感じろ!

というような言葉に、多くの人は共感を示すことができます。

ポップカルチャー大衆文化)では、テレビ、ベストセラー小説、メジャーなスポーツなど、人々を楽しませます。

共感することで一体感を持ち、人生の楽しみの多くを生みだします。

時と場合による大衆の使い分けは必要です。

本来は良い意味でも使われるポピュリズム。

ただ、政治になると専門家であっても偏見を持ってしまいやすい。

大衆心理で迫害されてきた人々がいる

この2つから、大衆主義が悪く言われる理由を見てきました。

大衆主義まとめ

ポピュリズム大衆主義)とは、一般大衆の考え方や感情、要求を代弁しているという政治上の主張と運動です

大衆を社会学から見てきました。

オルテガはエリート大衆を分けて、大衆が気をつけなければいけない点を上げます。

彼によれば、エリートと大衆を分けるのは本人の心の持ちようです

「21世紀の啓蒙㊦」では、政治が持ってしまう偏見を述べていました。

スティーブン・ピンカーによれば、政治的な偏見が最も厄介だという事実をもっと広めるべきだと述べています

科学の歴史からも、人が持ってしまう非常識に対する大衆の偏見を述べました。

これによって迫害を受けてきた人々がいます

ただ、大衆という言葉には、楽しい面が多く含まれます。
人生の楽しみの多くもにないます。

けう
オルテガの大衆を知ると、知識欲が刺激されるね!
ポピュリズム
最新情報をチェックしよう!
>けうブログ

けうブログ

哲学を身近に