MONTH

2021年6月

アリストテレスの形而上学(けいじじょうがく)とは何か。

形而上学(けいじじょうがく)は自然学よりも先立つ学問であると、アリストテレスは位置づけました。(哲学用語図鑑) アリストテレス(紀元前384-322)はプラトンの主宰するアカデメイア(今の大学)に入学。 そこで、約20年学びます。 プラトンとの年の差は、40歳以上ありました。 しかし、 アリストテレス「私はアカデメイアを去る!」プラトン「ひどい!まるで仔馬が生みの母親を蹴飛ばして行ってしまうようだ […]

國分功一朗「責任と帰責性」-「利他とは何か」を読んで感想

おはようございます。けうです。   「利他とは何か」 今日は4回目で、4章目、國分功一朗さんの「中動態から考える利他-責任と帰責性」について話したいと思います。   この「利他とは何か」を読んでいて思うのは、一章一章がまた深くてたくさん考えられることが詰まっているな、ということです。   今日は意志の概念に注目して、責任とは何かという読み取ったことを話そうと思います。 […]

科学とは-哲学から科学哲学を具体例から考える。

哲学から科学とは何かを考えていきます。 科学を哲学的に考察する分野を、科学哲学といいます。 私たちは日ごろから科学という言葉に慣れ親しんでいます。 けれど、これは科学なの? と疑問に思うことは多々あります。 具体例を通して科学とは何かを考えていきましょう。 (続 哲学用語図鑑 参照) 科学とはー哲学からの視点 科学とは、広い意味ではほぼすべての学問のことを指します。 例えば、自然科学や人文科学、社 […]

若松英輔「利他とは何か」-美と奉仕と利他

おはようございます。けうです。   「利他とは何か」を今日もまた紹介していきます。 今日は第3章、「美と奉仕と利他」若松英輔さんが書いた章になります。   読んで思った事。 35ページくらいなんですけど、これをまとめるのは至難の業だなと思いました。 かなり深いことがちりばめられていて、一つを紹介しようとするとその一つで論文が仕上がりそうな、そんな雰囲気がありました。   […]

キルケゴールの主体的真理とは-わかりやすく具体的に紹介

主体からみる本当のことを、キルケゴールは「主体的真理」と呼びました。 セーレン・キルケゴール(1813-1855)はデンマークの哲学者で実存哲学の祖とされます。 キルケゴールの「主体的真理」が、21世紀の精神哲学で見直される理由を、例とともに紹介していきます。>>サルトルの実存主義はこちら 主体的真理とは キルケゴールが唱えた主体的真理を客観的真理との対比から見ていきます。 主体的真理とは、私にと […]

中島岳志の「利他はどこからやってくるのか」まとめと感想

おはようございます。けうです。   昨日に引き続き、利他とは何かを考察していきたいと思います。   今日は2章中島岳志さんの「利他はどこからやってくるのか」について取り扱いたいと思います。   中島さんの章を読んで思った事。 以前ニコニコ動画でも同じ話題を取り上げていました。 なので、この章は総復習といったまとめになっていて、短い文章に利他を考える要素が詰まっていると […]

クーンのパラダイムシフトからみる天才と変人は紙一重の理由

よく天才は理解されないと言われ、変人に見られたりします。 その理由を、一般の人の理解を超えるからだと以前書きました。>>天才と変人は紙一重の理由「残酷すぎる成功法則から」から それを今回はクーンのパラダイムシフトという用語から天才にせまります。 まずはパラダイムシフトを詳しく解説します。 パラダイムシフトとは まずパラダイムとは、一時代の支配的な物の見方や時代に共通の思考の枠組みのことです。 この […]

広告の倫理性についてー私は詐欺師なのかという考察。

おはようございます。けうです。   今日もマーケティングについて学んでいます。 項目は広告の倫理性についてです。 ベネフィットとモノ ちょうどこのことを私は悩んでいました。 私はメールマガジンをやっているんですけど、ちょうど詐欺師と言われているんですよね。 きっぱり言ってしまえば、紹介しているのはWPの立ち上げとその装飾のテーマを買わないかという宣伝です。 自分のことを詐欺師だとは思って […]

「利他」とは何か-伊藤亜紗さんの論考から

おはようございます。けうです。   今日は「利他」とは何かという本を読んだので、そのことについて話していこうと思います。   最近では利他主義が取り上げられているようです。 利他主義というのは簡単に言えば「他者のために生きる」という人間の本質に立ち返るべきだという考え方です。 しかし、日本には偽善を嫌う風潮があります。 利他主義と偽善は違う気がする。 そのような違いを明確にする […]

空の理論と意味の場の関係性

おはようございます。けうです。   今日は言葉の理解の二面性について語ろうと思っていたのですが、朝構成を考えていたら量が多すぎてしまって、これは本の紹介としてブログに書くとして、他のことをラジオで話そうと思いました。   昨日に引き続き「一冊でわかる!仏教って何?」の本を読み終わったので、そのことの全体について話そうと思います。 空の理論と意味の場 仏教と最近の哲学は深く結びつ […]

>けうブログ

けうブログ

哲学を身近に