形而上学

アリストテレスの形而上学(けいじじょうがく)とは何か。

形而上学(けいじじょうがく)は自然学よりも先立つ学問であると、アリストテレスは位置づけました。(哲学用語図鑑

アリストテレス(紀元前384-322)はプラトンの主宰するアカデメイア(今の大学)に入学。

そこで、約20年学びます。

プラトンとの年の差は、40歳以上ありました。

しかし、

アリストテレス「私はアカデメイアを去る!」
プラトン「ひどい!まるで仔馬が生みの母親を蹴飛ばして行ってしまうようだ。」
このような仲たがいがありました。
どうしてこうなったのでしょうか。

アリストテレスから言われだした形而上学の内容を見るとともに、プラトンの哲学とどう違うのかを見ていきます。

アリストテレスの形而上学とは

形而上学とは、アリストテレスの講義録を編纂する過程で生まれた用語で、経験や感覚を超えたそもそもの原理や根源にさかのぼって考える学問です。

形而上学はもともと「メタフィジカ」と言われています。

「メタ」は「後」とか、そのものを「超える」という意味を持ちます。

「フィジカ」は「自然学」です。

では、自然学とは何かから見ていきましょう。

自然学とは

自然学とは、自然を合理的に探究しようとする学問で、今でいう物理学のイメージです

万物の根源を神話で説明するのではなく、水や空気や原子や数で説明しました。

例えば、イスの成分は何だろう?と言う問いです。
そのものを観察して、木とか鉄とかニスなど、観察してわかるものを上げていきます。

道具も使って、顕微鏡でその成分が見られればそれも分析していきます。

このように、人間の五官で実際に見たり聞いたりできる事柄を考えます

では、この自然学の対比から形而上学をみていきます。

形而上学とは

対して形而上学は、それらを超えた事柄を考えます。

五官で観察できないものです。

イスって何?
存在って何?
このような経験や感覚を超えた事象を考えていくのです。
こども
イスって何から出来ているのかな。(自然学)
ん?そもそも、イスってなんだ?(形而上学)
keu
そのものを考えていくと、そもそも何か、ということが気になってくるね!
そもそも何か。
根源をさかのぼり、原理を説くときに形而上学が登場します。
 

一般的に「形而上的な」という表現には「非科学的な」という意味がこめられることもあります。

しかし、アリストテレスがプラトンと仲たがいしたのは、プラトンの「イデア論」についていけなかったからなのではないかという説があります。 (哲学と宗教全史
>>プラトンのイデア論についてはこちら

プラトンのイデア論は簡単に言えば、イデア界という世界があってそこにものごとの本質があるので、私たちが目にしているものは幻影にすぎないという考え方です。

では、2人の違いを詳しく見ていきましょう。

「アリストテレスの形而上学」と「プラトンのイデア論」との違い

アリストテレスの形而上学では、プラトンのイデアに異議を唱えました。

こちらのアテネの学堂の画像は、真ん中にいるのがプラトン(左)とアリストテレス(右)です。

指を天に向けたプラトンはイデアの世界に、手のひらを地にむけたアリストテレスは現実の世界に、それぞれの真の実在を求めました。

アリストテレスは現実の世界を観察することによって、実在を求めていったのです。

プラトンは頭の中にあるイデアによって考えます。

アリストテレスは抽象的なイデアではなく、現実に即した考え方をしようとしたのです。

 

それでも、考え方がまるっきり違うわけではありません。

今では形而上学も非科学的と言われていると述べました。

アリストテレスは、日常の世界の現実に存在する個々のもののなかに、イデアのようなものが存在すると考えました。

整頓します。

プラトン⇨モノのイデアはイデア界にある。
アリストテレス⇨モノのイデア(本質)はそのものの中にある。

アリストテレスは、現実のモノはイデアの模造品ではなくて、そのものの個物の中に本質があると考えます。

例えば、アリストテレスは自然の美しい花をみて思います。
「私にはこの美しい花が、模造品だとは思えない!花の中に本質がある!」

プラトンとアリストテレスのあらゆる物や生物に対する違いです。

(ただしプラトンも場合によっては本質はそのものにあると説きます。 「メノン」ではイデアが感覚的事物とは別に、それ自体で存在すると疑われだしていました。)

プラトン哲学から離れた理由を推測する

イデア論の批判だけでは、アリストテレスがアカデメイアを去った理由が弱いと思われます。

なぜかというと、アリストテレスの考え方はプラトンのイデアを発展させたとも捉えられるからです。

他にも仲たがいの原因は当時の国際情勢やプラトンの大学の学頭にプラトンの甥が選ばれたこともあると言われています。  

 

以下、他の事に対して私の推測になります。
アリストテレスは中庸を重視しました。
幸福になるには中庸の精神が大切だと説くのです。
「人間の行為や感情における超過と不足という両極端の中間に、徳が存在する」(哲学と宗教全史)
例えば、 無謀と臆病の中間に勇気がある。
虚栄と卑屈の中間にプライドがある。
鈍感と神経質との中間におおらかがある。
このように考えます。

 この幸福を考えたときに、それに当てはまらない人物として最後の死の判断をしたソクラテスが思い浮かびました。
>>ソクラテス「無知の知」とは

プラトンはソクラテスを絶対的な人物として慕って尊敬しています。

アリストテレスはそれに対する批判もあったのではないか、と少し思われてしまうのです。

(もちろん、ソクラテスは立派な人物で、とても偉大な人物で、私も尊敬しています。)

ソクラテスの最後

まずはソクラテスのストーリーを簡単に語ります。

 

「ソクラテスの問答術が気に入らない!」

このように考える人々が増えてきました。

ソクラテスがロバに例えた人物たち(批判した人々)です。

「ソクラテスは国家の認める神を認めず、新しい神を信じ、青年たちに害毒を流した者である。よって、死刑に処す。」
このような判決が下りました。

ソクラテスは刑の執行までに、国外に亡命する機会がありました。

友人たちは亡命を進めましたが、ソクラテスは聞き入れません。

ソクラテスは言います。
ただ生きるということではなく、私は善く生きたい。
悪法もまた法だ!

そう言って、ソクラテスは毒ニンジンを飲みました。

このような国家の説く「真理」に善を求め、脱獄という不正を行ってはならないとソクラテスは考えました。

プラトンはこのソクラテスに対して、善く生きようとする生き方を最後まで貫いた、と記しています。

プラトンがソクラテスの最後を書いた時、ソクラテスは友人の死刑から逃げようという提案を受け入れませんでした。

ソクラテスは死刑判決を受け入れます。

それに背くことは国家に背くことになると考えたからです。

それでも、と思うのは幸福という観点から見たときに国家に従って死ぬと言うあり方は幸福だったのだろうか? と、問わずには言われません。

ただし、幸福ということを一番に重要視するならですが。

 

  かつ、アリストテレスは友愛も説いています。

「もし人々が友愛的ならば正義はまったく必要ないが反対に彼らが正義の人々であっても、友愛はなお必要だ」(哲学用語図鑑)

アリストテレスの友愛はお互いに相手が幸福になることを願う愛です。  

今と昔の価値観は違うし、絶対にコレ!とは言えないけれど、ソクラテスの死に際については考えてしまう
 
ちなみに、「哲学の日」(4月27日)はソクラテスが毒ニンジンを飲んだ日と言われています。
毎年一度はソクラテスが死んでしまった意味について思いをはせる日があるのです。

アリストテレスの形而上学-まとめ

アリストテレスの形而上学は自然の観察を超えて考える学問のことです。

経験や感覚を超え、そもそもの根源を問いました。

プラトンとアリストテレスは仲たがいしたと言われてします。

プラトンは手を天に向けて抽象的な物事を考る。

アリストテレスは手を下に向けて現実に即した物事を考えます。

 

そして、哲学の日(ソクラテスが毒ニンジンを飲んだ日)について考える時、その両者の違いも私には気になりました。

 

けう
現代では分析的形而上学が盛んになってきているね
形而上学
最新情報をチェックしよう!
>けうブログ

けうブログ

哲学を身近に