TAG

マルクス・ガブリエル

代替プロテイン技術と動物倫理を具体例にそって紹介。

おはようございます。けうです。 「フードテック革命 世界700兆円の新産業『食』の進化と再定義」を取り扱っていきます。 時代の変わり目である今の世の中にそって、フードテック革命が起こそうとしていることを今回は説明していきます。 前回、5つの分野が注目されていると話しました。 >>「食テクノロジー」が注目する5つの領域 今回はその中の「代替プロテイン」について詳しく見ていきます。 &nb […]

「フードテック革命」を倫理と経済の面から紹介

おはようございます。けうです。   「フードテック革命 世界700兆円の新産業『食』の進化と再定義」を読んでいます。 フードテック革命と倫理 なぜこの「フードテック」に関心を示したのかというと、私は最近マーケティングに興味があるのですが、それと共に哲学の動向も気にしています。 哲学の分野、特に倫理の分野で言えば、今の食品の状況は良くない、と言えます。 例えば、哲学者マルクス・ガブリエルは […]

自由意志論と決定論の違いをわかりやすく比較-マルクス・ガブリエルの見解

自由意志論と決定論の違いを今をときめく哲学者マルクス・ガブリエルの見解から見ていきます。 ・自由意志論⇨人間は自発的に意志を生み出すことができるという考え方。 ・決定論⇨世界で起こる出来事には原因が存在する。自由意志で決めていると言うのは錯覚だとする考え方。 マルクス・ガブリエルは自由意志を最初に述べたのは哲学者ショーペンハウアーだといいます。 ショーペンハウアー哲学では、自由意志を否定します。 […]

機能主義を思考実験からわかりやすく解説!

機能主義とは、心は機能によって定義できると考える立場です。(続哲学用語図鑑参照) 心は脳の機能であると考えます。 今をときめく哲学者マルクス・ガブリエルは著書『「私」は脳ではない』で、私が脳であるという考えを否定しています。 機能主義の否定です。 しかし、今の科学の世の中では、私たちは気がつかないうちに私は脳であることを受け入れています。 機能主義を知ることで、その無意識に持っている思考を表面化し […]

キルケゴールの主体的真理とは-わかりやすく具体的に紹介

主体からみる本当のことを、キルケゴールは「主体的真理」と呼びました。 セーレン・キルケゴール(1813-1855)はデンマークの哲学者で実存哲学の祖とされます。 キルケゴールの「主体的真理」が、21世紀の精神哲学で見直される理由を、例とともに紹介していきます。>>サルトルの実存主義はこちら 主体的真理とは キルケゴールが唱えた主体的真理を客観的真理との対比から見ていきます。 主体的真理とは、私にと […]

ベンヤミンのアウラ(オーラ)とは-本物って何だろう。

ベンヤミンのアウラ(オーラ)とは、本物の作品に備わっている目に見えない力のことをいいます。 近年になり、複製技術は進歩してきました。 私たちは何でも写真や映像で、本物を間接的に見ることができます。 ・本物に変わってレプリカが増えてくること。 ・複製芸術に慣れるということ。 ベンヤミンのアウラ(オーラ)を元に、このことが私たちに何をもたらすのかを考察していきます。 ベンヤミンのアウラとは 一般的にオ […]

多面性とは。-kindle本で酷評をもらったことについて考察

おはようございます。けうです。   Kindle本「天才脳の秘密」が発売中です。 価格は99円。 内容はとても短いのですが、私はこの脳の見方を元に歴史や多様性の見方をした本について続編として出す予定です。   レビューを書いてくださった方がいて、手厳しい内容になっていました。 脳の専門性がない、と。 お金を出す価値はないと、言われてしまいました。 こういった☆1という書評がつい […]

家族的類似性とは-「本質」がないことを説明する。

おはようございます。けうです。   「はじめてのウィトゲンシュタイン」を読んでいます。 今日は「家族的類似性」を解釈していこうと思います。 家族的類似性とは プラトンのイデアという考え方があります。 それとの対比で考えます。 イデアとは 人はポメラニアンを見たときに犬だと思う。 柴犬をみたときに犬だと思う。 ゴールデンリトルバーを見ても犬だと思う。 きっとこれには何か犬と言う本質がある! […]

フィヒテの知識学をわかりやすく紹介

マルクス・ガブリエルは著書「『私』は脳ではない」で、「私」哲学をする上で知っておきたいフィヒテの知識学の三本柱を説明しています。 「今日『私』について語るなら、このことを念頭に置いておくべきです。」 ここまでマルクス・ガブリエルが語る知識学の三本柱とは何か。 フィヒテは嘆いていたそうです。 「ほとんどの人は、自分を『私』と考えるより、月の溶岩のかけらだと考える方が簡単らしい。」 これはぜひとも知っ […]

行動と行為の違いを社会学から考察(マックス・ウェーバー 参照)

あなたは行動と行為の違いが言えますか。 マックス・ウェーバー(1864~1920)はこの2つを分けました。(社会学用語図鑑 参照) 行動=条件反射や無意識など、自分の意志がともなわない振る舞い 行為=自分の意志がともなう振る舞い 例にして説明します。 行動は熱いものを触ったときに思わず手をひっこめたり、寒いところに出たときに体が震えたりする振る舞いをいいます。 行為は「ゲームをしよう」「勉強をしよ […]

>けうブログ

けうブログ

哲学を身近に