TAG

ソクラテス

哲学は役に立つのか?フィロソフィーは有用性や実用性を重視していた。

おはようございます。けうです。   しばしば哲学は「暇」な人がやる学問と見なされてきました。 古代ギリシャに返れば、衣食住がととのった状態で特に仕事がない。 生きるのに精いっぱいにならなくてもよい。 そうした暇なときに気が付く疑問。 常識を疑いだすと、疑っていってそれで忙しくなってしまう思考。 そういったものが哲学の一面にはあります。 そんな哲学は役に立つのか? この観点を捉えなおしてみ […]

アリストテレスの形而上学(けいじじょうがく)とは何か。

形而上学(けいじじょうがく)は自然学よりも先立つ学問であると、アリストテレスは位置づけました。(哲学用語図鑑) アリストテレス(紀元前384-322)はプラトンの主宰するアカデメイア(今の大学)に入学。 そこで、約20年学びます。 プラトンとの年の差は、40歳以上ありました。 しかし、 アリストテレス「私はアカデメイアを去る!」プラトン「ひどい!まるで仔馬が生みの母親を蹴飛ばして行ってしまうようだ […]

「言葉の魂の哲学」から対話を考察。

おはようございます。けうです。   ソクラテスが言葉を書きしるすことを嫌ったことについて、また新しい面から語ってみようと思います。   私は「言葉の魂の哲学」を読んでいて、言葉の像という面をまた意識しました。 私がこうやって言葉を書きます。 すると、その言葉は確定されるんですよね。 言葉のイメージとは 具体例で行きます。 私は母親という言葉を知っています。 そして、母親という言 […]

「無知の知」が間違いで「不知の自覚」とする理由。

おはようございます。けうです。   最近、哲学ブログをがんばっています。 昔のリライト記事を毎日投稿しています。 リライトしていて昔の自分はこんなところの考えが浅い。 こんなところと変に結び付けをしていて、読者が混乱するような個所がたくさんある。 そんなことを発見しつつリライトすると、時間がかかるし、書き終わった後は頭を使った!という感じがします。   今日はソクラテスの「無知 […]

ソクラテス「無知の知」と「不知の自覚」の比較とその意味を解説。

ソクラテス「無知の知」の意味は、自分の無知を知ることです。 ただし、この訳を「不知の自覚」にしたほうがよいのでは、という話もあります。   この「無知の知」の物語をたどると、現代の問題と重なるところがでてきます。 「無知の知」がでてきた物語を具体的に知ることから、「不知の自覚」と比べてみましょう。 (哲学と宗教全史 出口治明 2019 参照) ソクラテス「無知の知」の意味 ソクラテスの言 […]

ソクラテスの知を考える-今の知と昔の知の違い。

おはようございます。けうです。 ソクラテスはどんな人? ソクラテスは対話を説いた人物です。 産婆術というように、自分の無知を自覚するためにも対話を大切にします。 そんなソクラテスなんですが、文字を書きのこすことをよしとしませんでした。   絶対知っで、絶対的に正しい知識があるとする彼がなぜ文章を書き残すことをよしとしなかったか。 これは彼が死ぬ時にも関連しているのですが、ソクラテスは一人 […]

「善く生きる」個人主義と普遍主義

おはようございます。けうです。 昨日は「善く生きる」について考えてみました。   脳科学とソクラテスを用いたんですけど、考えてみるとソクラテスの時代の頃の人は個人主義的傾向があまりなかったんです。 真実は一つという考え方 ソクラテスは主知主義だったんですけど、知識という一つの真実があると思っていた。 だから、一つに向かう考え方なんですよね。 そう考えていくと、脳科学的な回答とソクラテス的 […]

「善く生きる」とは-脳科学とソクラテス

  おはようございます。けうです。 脳科学から見る心と身体を統合させる一元論の科学的な立場からは、人の自由意志を否定しています。 「脳には妙なクセがある」を参考に、自由意志の否定から何ができるかを考えていこうと思います。 今は多元論の傾向がありますけど、ここでは一元論に即して考えていきます。 自由意志の否定とは 脳科学の実験では、ある特定の条件下に合わせて人はそのような行動をしやすいとい […]

>けうブログ

けうブログ

哲学を身近に