CATEGORY

himalayaラジオ

「人は食事から作られる」という名言から価値観を考えてみる

おはようございます。けうです。 「フードテック革命 世界700兆円の新産業『食』の進化と再定義」を読み終えました。 特に印象的に残っている言葉とこれからもっとフードテックについて私が知りたくなったことなどを紹介していきます。   本では食に関わるトップ層の人々のインタビューが載っています。 その中で、どきっとさせられるような、刺さる言葉(名言)を紹介していきます。 名言からみる価値観 「 […]

積極的苦痛を選び取る未来とテクノロジーの進化

おはようございます。けうです。 「フードテック革命 世界700兆円の新産業『食』の進化と再定義」を読み進めています。   その中で外食産業のアップデートと食品リテール(小売)の進化の章を読んで、テクノロジーというのは人間の幸せの追求のための道具ということを改めて感じました。   外食産業のアップデートと、食品リテールのまとめを紹介して、その中で私が感じたことを紹介していこうと思 […]

ブランドと自由意志の問題-自由を選択するとはどういうことか。

おはようございます。けうです。 「フードテック革命 世界700兆円の新産業『食』の進化と再定義」を読んでいます。 私の家ではデジタル機器が台所にまだあまりないので、技術と実生活がどのように結びついていくのかを身近に考えられていないのかもしれない、と思いました。 けれど、この最新テクノロジーを聞くと、私もそのテクノロジーの中に組み込まれたいなという欲がでてくると思いました。 これを私が自由を選択する […]

代替プロテイン技術と動物倫理を具体例にそって紹介。

おはようございます。けうです。 「フードテック革命 世界700兆円の新産業『食』の進化と再定義」を取り扱っていきます。 時代の変わり目である今の世の中にそって、フードテック革命が起こそうとしていることを今回は説明していきます。 前回、5つの分野が注目されていると話しました。 >>「食テクノロジー」が注目する5つの領域 今回はその中の「代替プロテイン」について詳しく見ていきます。 &nb […]

2021年「食のテクノロジー」が注目する5つの領域

おはようございます。けうです。 「フードテック革命 世界700兆円の新産業『食』の進化と再定義」を読んでいます。 前回の記事はこちら。 >>フードテック革命を倫理と経済から見ていく 今の世の中は急激にウイルスによって変化させられています。 その中で、それと共にどうやって私たちが変わっていけばいいのか。 流れに加わりながら、さらによりよい状況になっていくにはどうしたらいいのか。 時代の変わり目である […]

「フードテック革命」を倫理と経済の面から紹介

おはようございます。けうです。   「フードテック革命 世界700兆円の新産業『食』の進化と再定義」を読んでいます。 フードテック革命と倫理 なぜこの「フードテック」に関心を示したのかというと、私は最近マーケティングに興味があるのですが、それと共に哲学の動向も気にしています。 哲学の分野、特に倫理の分野で言えば、今の食品の状況は良くない、と言えます。 例えば、哲学者マルクス・ガブリエルは […]

カルトマーケティングから見るコミュニティの幸福と孤独

おはようございます。けうです。   田中森士さんの「カルトブランディング‐顧客を熱狂させる技法」を読み終えました。 前回はこちら。 >>インフルエンサーにみられるカルトブランディング   カルトブランディングをポジティブに捉えようとしたのがこの本になります。 筆者は現実に人気を誇っている具体例をあげ、カルトブランディングにカルト宗教っぽさ(破滅的カルト)がないことを述べていきま […]

「2021年」インフルエンサーに見られるブランディングの要素

おはようございます。けうです。   田中森士さんの「カルトブランディング-顧客を熱狂させる技法」を読んでいます。 前回はカルトブランディングとは何かを説明しました。 >>カルトブランディングとは何か カルトとつくのはカルト宗教からヒントを得ているから。 「カルトブランディングとは、人間、組織を『好きなブランドのためなら身を捧げる信者』に変えるプロセスのこと」 だと説明しました […]

カルトブランディングとは何か-宗教との違い。

おはようございます。けうです。   田中森士さんの「カルトブランディング‐顧客を熱狂させる技法」を読んでいます。 カルトと聞くと、あまりよくないイメージを持たれる場合もあると思いますが、本書では肯定的な意味で語っています。 よく、教育というのは洗脳だ、とか。 人間は時代の洗脳からは逃れられない、とか。 このような言い方で洗脳というとき、その洗脳にはそこまで悪い意味は含まれず、私たちが絶対 […]

時間の謎とタイムトラベル‐時間感覚を2つにわける

おはようございます。けうです。   青山拓央さんの「心にとって時間とは何か」を読み終えました。 >>前回「死ぬ権利は権利なのか」-命のスイッチ問題   青山さんは言います。 人によってある哲学に関心が惹きつけられる人と、そうでない人がいる、と。 私は時間論にはそこまで心が惹かれない。 一般的なSFのようにドラえもんが未来にタイムトラベルすることを真剣に問題に扱ったり […]

>けうブログ

けうブログ

哲学を身近に