TAG

プラトン

アリストテレスの形而上学(けいじじょうがく)とは何か。

形而上学(けいじじょうがく)は自然学よりも先立つ学問であると、アリストテレスは位置づけました。(哲学用語図鑑) アリストテレス(紀元前384-322)はプラトンの主宰するアカデメイア(今の大学)に入学。 そこで、約20年学びます。 プラトンとの年の差は、40歳以上ありました。 しかし、 アリストテレス「私はアカデメイアを去る!」プラトン「ひどい!まるで仔馬が生みの母親を蹴飛ばして行ってしまうようだ […]

フーコーのエピステーメーを具体例でわかりやすく解説

フーコーのエピステーメーとは、時代ごとに異なる知の枠組みです。 この用語が出てきたのは古代ギリシャですが、今のエピステーメーとは違う使われ方をしています。 これこそがまさにエピステーメーです。 プラトンのエピステーメー⇨学問的な知識、理性によって正しく得られた知識 フーコーのエピステーメー⇨時代ごとに異なる知の枠組み 時代ごとに異なった使われ方をしています。 他には例えば、 昔の美人⇨今では普通 […]

プラトンのイデア論をわかりやすく、「洞窟の比喩」の具体例から解説

プラトンのイデアを簡単に言ってしまうと、「理想像」です。 (哲学用語事典 小川仁志 2019 参照) 哲学ではプラトンはどのように扱われているかと言うと。 「西洋のすべての哲学は、プラトン哲学への脚注にすぎない」 (アルフレッド)「哲学と宗教全史 参照」(出口治明 2019) このように言われるほど、プラトン哲学は基礎的な概念です。 プラトンの文献は数多く残っていて、哲学的なテーマがほぼすべて存在 […]

「善く生きる」とは-脳科学とソクラテス

  おはようございます。けうです。 脳科学から見る心と身体を統合させる一元論の科学的な立場からは、人の自由意志を否定しています。 「脳には妙なクセがある」を参考に、自由意志の否定から何ができるかを考えていこうと思います。 今は多元論の傾向がありますけど、ここでは一元論に即して考えていきます。 自由意志の否定とは 脳科学の実験では、ある特定の条件下に合わせて人はそのような行動をしやすいとい […]

哲学者とソフィストの違いとは。

哲学者には二つのタイプがあると言われています。 哲学者とソフィストです。 哲学者たちはこの2つのタイプの区分けをどのように考えたのでしょうか。 哲学者プラトン、ショーペンハウアーを例に考えていきます。 哲学者プラトンは、哲学者とソフィストを分けました。 哲学者とソフィストの違いープラトン 職業哲学者(弁論術を教える哲学者)のことをプラトンはソフィストといいました。 ソフィストは主に相対主義の考えに […]

>けうブログ

けうブログ

哲学を身近に