TAG

ASD

「天才と分裂病の進化論」天才と狂気、精神疾患との関係

おはようございます。けうです。   今kindleを書いていて、昨日の時点で半分くらい書き上げました。 偉人とか天才の脳とASDについて、を書いています。   よく天才と狂気は紙一重、といいますよね。 これをどう根拠をもって言うことができるか、考えていたんです。 そのときに、私が感銘を受けていてずっと一年半ぐらいずっとよんでいなかった本があるんですけど、もうそこに私が考えたいな […]

意志と責任は対義語になる。

おはようございます。けうです。   「<責任>の生成」を読み終えました。 その中で気になった言葉。 意志とは アーレント、意志とは過去の切断である。 ハイデガー、意志するとは「考えまいとすること」「忘れようとすること」「憎むこと」 ASDのあややさんからいえば「意志とは皮膚の内側からやってくる数多の情報と、皮膚の外側から入ってくる数多の情報を無理やりまとめ上げたもの」 意志をこのイ […]

自己感とは。消費と浪費、集中力を分析する。

自己感とは何か。 おはようございます。けうです。 自己感をモル的と分子的から説明 私は昨日分子的とモル的という話をしました。 これはASDにかかわらず、誰にも当てはまる概念です。 例えば、あなたは急に罵倒を浴びて怒りがわきました。 その怒りをすぐに表現できるのはモル的です。 でも、コミュニケーション論などでは、怒りを出す前に5秒待ちましょうと 言われます。   では、その怒りを出す前に5 […]

ASDを知る-感情の「モル的」と「分子的」について。

感情の「モル的」と「分子的」について。 おはようございます。けうです。 「<責任>の生成」を読んでいます。 この本はASDという自閉スペクトラム症の人の研究や感じ方などが描かれています。 ASDを哲学的に考える 私も自分のことをASD傾向があるとは思っていて、最近、人とようやく自分のことについて話せるようになって、違いに気がついています。   自分で、自分のことをASDなのではないかと疑 […]

>けうブログ

けうブログ

哲学を身近に