TAG

道徳

「文芸と道徳」から漱石の文芸論を読み解く

おはようございます。けうです。   夏目漱石の「私の個人主義」を読んでいます。 「文芸と道徳」の講義を読んで思ったことを述べていこうと思います。 道徳とはどういうものか、文芸とはどういうものか、そしてその二つの関係とは? ということを題に語っています。 結論としては、文芸は今の道徳を伝えるものだ、ということを私は読み取りました。 まず漱石は道徳に関して、昔と今と違うということを話しだしま […]

法と道徳の違いとは-法律の調べ方

おはようございます。けうです。   武器になる「法学」を読んでいます。 その中から抜粋して、法と道徳の違い、について話していこうと思います。 法と道徳の違い 筆者はいいます。 「法は行為について外面的なことを規律し、道徳は心について内面的なことを規律する」 このようなことがあるけれど、最も重要なことはこちらだといいます。 「法には強制力があるが、道徳には強制力はない」   それ […]

性善説と性悪説どちらを支持する?「道徳と倫理」から考察

あなたは性善説、性悪説どちらの説に立ちますか? 性善説=「人は生まれながらにして善である」(孟子)性悪説=「人は生まれながらにして悪である」(荀子) この考え方を道徳と倫理から見ていきます。 性善説は道徳的、性悪説は倫理的だと私は考えます。 詳しく見ていきます。 僕は生まれながらに善だよ。 そうそう、そのセリフの違和感を見ていくよ! 道徳と倫理の区別   道徳と倫理の違いを広辞苑から調べ […]

>けうブログ

けうブログ

哲学を身近に