TAG

実存主義

サルトルの実存主義とはー主体性を重視する立場にたつ

サルトルの実存主義とは、人間の主体性を重視する思想です。 サルトル(1905-1980)はフランスの哲学者です。 ここ最近では、心理学が人気です。 心理学では、無意識が人を動かすと考えました。 その無意識の研究が進むにつれて廃れていったのが実存主義です。 人は自分で決めているわけではなく、自分ではないものによって決められていると考えられるようになったからです。>>構造主義>>ラカンの鏡像段階 けれ […]

鏡像段階をわかりやすく!ー私は自分をどのようにつくり上げるのか。

鏡像段階とは、鏡や母親といった外部の世界から、自分の身体のイメージをはじめて獲得することです。 人の生後6ヵ月ほどで起こる段階です。 想像して下さい。 あなたはどうやって自分を認識したのでしょうか? 鏡像段階では、自分がまだいないのに「これは自分だ!」と自分以外の誰かが思ったことになるのです。 誰が自分を自分だと思ったのでしょうか。 そんな哲学の元となった鏡像段階。 では、鏡像段階を具体的に見てい […]

構造主義をわかりやすく、具体例と図式から解説

構造主義とは、人間の言動はその人間が属する社会や文化の構造によって決められていると考える思想です。(哲学用語図鑑 参照) 文化人類学者のレヴィ=ストロース(1908~2009)が構造主義の発案者だと言われています。 「人間に主体性や本質がある」という考え方を疑います。 科学を重視する現代に主流な考え方でもあります。 私たちの思考は気がつかないうちに構造主義になっているのです。 では、詳しく見ていき […]

知れば知るほど自由になるとは-論理の飛躍を解説。

自由と言う考え方。   おはようございます。けうです。 昨日、kindle本の大筋の原稿を書き終えました。 様子を見て手直ししたりはしますが、大枠はこれでいこうという感じです。 26000字くらいです。 Kindle本の講座では3万字くらいが1つの目安といっていたので、このくらいならいいかなと思いました。 そして、この原案は昔私が書いた記事の手直しでもあります。 それで、忘れていたことも […]

新実存主義からみる間違いとは何か

おはようございます。けうです。 今回も「道徳哲学」を紹介していきます。 >>新時代に生きる「道徳哲学」 昨日の最後に書いたことと、読んだことがちょっと矛盾するかなと思っていて、今日はそれを解説しようかなと思いました。 >>謎は存在しない-言葉のパラドックス マルクス・ガブリエル「新実存主義」とは マルクス・ガブリエルさんは新実存主義にたっています。 これはどういう思想かというと、実存主義と構造主義 […]

実存主義とは-わかりやすく解説、使えるようになろう!

私にとっての真実を考えていきます。 イメージとして簡単に掴んでみてね。 こんな問いを実存主義では繰り返します。 僕の考えってなんだろう。 追究していきたくなるね! 実存主義ーまとめ 実存主義とは、具体的に生きている私のあり方を探求する思想です。 「私ってなに?」 「それは私が決めたの?」 「私の考えはこうだ!」 このように私に関わる決定を主体的にしていきます。 私にとっての真実を考えていきます。 […]

>けうブログ

けうブログ

哲学を身近に