TAG

パラダイムシフト

クーンのパラダイムシフトからみる天才と変人は紙一重の理由

よく天才は理解されないと言われ、変人に見られたりします。 その理由を、一般の人の理解を超えるからだと以前書きました。>>天才と変人は紙一重の理由「残酷すぎる成功法則から」から それを今回はクーンのパラダイムシフトという用語から天才にせまります。 まずはパラダイムシフトを詳しく解説します。 パラダイムシフトとは まずパラダイムとは、一時代の支配的な物の見方や時代に共通の思考の枠組みのことです。 この […]

歴史から学ぶイデオロギーの変化

おはようございます。けうです。   レビット論文では、産業界がジョンソン大統領を支持する理由について話していました。 私は政治のことに関しても、疎いんですが、その疎い知識なりに読んだことをお伝えしようと思います。 政治初心者でも発信をする理由 初心者が始めにこう聞くとこんなことを思うんだ、という視点で聞いていただけたらいいかな、と思います。 というのも、最近学びのことを学んでいたんですけ […]

パラダイムシフトと認識論的切断とマーケティング論

おはようございます。けうです。   今日は技術から科学への主役交代、という話をしたいと思います。 売れる商品というのは移り変わります。 レビットはずっと売れ続ける商品はないって過去回で話しています。 なぜかというと、蒸気機関の発明だったり、互換部品の発明と応用があったり、自動車の開発であったり、今までの商品と変えがきくような科学技術が発明されているからです。 パラダイムシフトとは 天日干 […]

ボードリヤールのハイパーリアルとはー具体例から現代を考える

ハイパーリアルとは、オリジナルと模像の区別がつかない現代のような状況をいいます。(哲学用語図鑑) 社会学者ジャン・ボードリヤールが唱えました。 「消費社会における実体は、差異への欲望」 このように述べたボードリヤールの見解を詳しく見ていきます。 オリジナルと模像の区別とは? 差異への欲望とは何か? ベストセラー「全体主義の克服」(2020.8)でも、同じ議題があがっているので後にふれます。 全体主 […]

>けうブログ

けうブログ

哲学を身近に