TAG

カルトブランディング

「フードテック革命」を倫理と経済の面から紹介

おはようございます。けうです。   「フードテック革命 世界700兆円の新産業『食』の進化と再定義」を読んでいます。 フードテック革命と倫理 なぜこの「フードテック」に関心を示したのかというと、私は最近マーケティングに興味があるのですが、それと共に哲学の動向も気にしています。 哲学の分野、特に倫理の分野で言えば、今の食品の状況は良くない、と言えます。 例えば、哲学者マルクス・ガブリエルは […]

カルトマーケティングから見るコミュニティの幸福と孤独

おはようございます。けうです。   田中森士さんの「カルトブランディング‐顧客を熱狂させる技法」を読み終えました。 前回はこちら。 >>インフルエンサーにみられるカルトブランディング   カルトブランディングをポジティブに捉えようとしたのがこの本になります。 筆者は現実に人気を誇っている具体例をあげ、カルトブランディングにカルト宗教っぽさ(破滅的カルト)がないことを述べていきま […]

「2021年」インフルエンサーに見られるブランディングの要素

おはようございます。けうです。   田中森士さんの「カルトブランディング-顧客を熱狂させる技法」を読んでいます。 前回はカルトブランディングとは何かを説明しました。 >>カルトブランディングとは何か カルトとつくのはカルト宗教からヒントを得ているから。 「カルトブランディングとは、人間、組織を『好きなブランドのためなら身を捧げる信者』に変えるプロセスのこと」 だと説明しました […]

カルトブランディングとは何か-宗教との違い。

おはようございます。けうです。   田中森士さんの「カルトブランディング‐顧客を熱狂させる技法」を読んでいます。 カルトと聞くと、あまりよくないイメージを持たれる場合もあると思いますが、本書では肯定的な意味で語っています。 よく、教育というのは洗脳だ、とか。 人間は時代の洗脳からは逃れられない、とか。 このような言い方で洗脳というとき、その洗脳にはそこまで悪い意味は含まれず、私たちが絶対 […]

>けうブログ

けうブログ

哲学を身近に