TAG

himalayaラジオ

意志することは忘れようとすることである

「意志することは忘れようとすることである」 おはようございます。けうです。 kindle本が出ています。 「考えるを考える」 昨日売り上げランキング無料部門哲学思想で一位になっていました。 今日もまだ無料ですので、よかったら手にしてみてください。 「意志することは忘れようとすること」とは で、今日なんですが、「責任の生成」(國分功一朗)を読んでいて興味深い一文に出会いました。 「意志することは忘れ […]

思うと言う感覚-主語はどこから発生するのか。

なぜ私が自分の根本となるものしか考えられないと思っているのか。     おはようございます。けうです。   今日からまたヒマラヤの原稿をブログにUPしたいと思います。 kindle本が出版されています。 今日は無料でダウンロードできます。 4月25日まで無料ダウンロードできますので、少しでも興味をもった方はダウンロードしていただければなと思っています。 Kindleで […]

インペアメントとディスアビリティを考える

  おはようございます。けうです。 「責任の生成」を読んで考えたことを述べていきます。   分けるとは 言葉をわけるとそのものごとについて深く考えられるということがあります。 一つのに日本語について、英語やドイツ語だとわかれていて概念が2つになっていたり、また逆に英語だと1つの物なのに、日本語だと複数ということがあります。 そういうものの区別を知っていくことは、そのものごとにつ […]

本質とは何か‐「はじめてのスピノザ」からコナトゥスを考える。

おはようございます。けうです。   Kindle本の原案を書き終えて、少し考えさせられた個所があったので、今日はそれについて話そうと思います。 参考にしたのは國分功一朗著「はじめてのスピノザ」です。 本質についてを見ていきます。 本質とは 本質を扱った哲学者にサルトルがいます。 有名なのは「実存は本質に先立つ」です。 これは何を意味するのかと言うと、私たちは生まれた時には何ものでもありま […]

知れば知るほど自由になるとは-論理の飛躍を解説。

自由と言う考え方。   おはようございます。けうです。 昨日、kindle本の大筋の原稿を書き終えました。 様子を見て手直ししたりはしますが、大枠はこれでいこうという感じです。 26000字くらいです。 Kindle本の講座では3万字くらいが1つの目安といっていたので、このくらいならいいかなと思いました。 そして、この原案は昔私が書いた記事の手直しでもあります。 それで、忘れていたことも […]

新実在論を、多元論からみる-「ランプの魔人の物語」で紹介。

新実在論を多元論から理解する。 おはようございます。けうです。 マルクス・ガブリエルから新実在論の話をしていこうと思います。 >>新時代に生きる「道徳哲学」 前回扱った道徳哲学のリンクはこちら。 >>議論の価値とは何か 今日は物語仕立てでいこうと思います。   マルクス・ガブリエルの新実在論はある種の多元論にたっています。 世界は存在しないけれど、他の物が存在すると言う。 ここが新という […]

議論の価値とは-カテゴリーを分けると視点が変わることを紹介

新実在論は今の世の中にどう役立つのか。   おはようございます。けうです。   マルクス・ガブリエル新時代に生きる「道徳哲学」を読み終えました。 >>新時代に生きる「道徳哲学」   今日は新実在論は今の世の中にどのように役にたつのかを話そうと思います。 前回も扱った道徳哲学のリンクはこちら。 >>「世界は存在しないとはどういうことか」 この本の中で、ガブリエルさんは哲学が重要視 […]

マーケティング論ー無形財、有形財を考察

おはようございます。けうです。   今日もマーケティングに絡めて話していこうと思います。 レビットのマーケティング論を読み終わるまでは、マーケティングにおける基礎をしっかりと自分に当てはめながら考察したいと思っています。 今日は目に見えないサービスについて話していきます。 よかったらお付き合いください。 サービスの無形化、有形化とは 大切なものは失って初めて気がつく、といいますよね。 幸 […]

ブランディングと詐欺

おはようございます。けうです。   今日もマーケティングについて学んでいこうと思います。 お題は「ブランディングと詐欺」です。 よかったらお付き合いください。   なにか仕事を始めるときには、気をつけたいのが詐欺ですよね。 私も詐欺に騙されるのはもとより、詐欺をしないようにしようとは思います。 でも、それが詐欺なのかどうかって決めるのは自分ということと、周りが決めると言うことが […]

製品ライフ・サイクルとはー流行り廃りオワコンがあるのはこのせい!?

おはようございます。けうです。   今日もマーケティング論について学んでいきたいと思います。 哲学を身近に、なのにどうして連日マーケティング? と思われる方もいると思うんですが、読めば読むほど、私にとっては哲学に近い。 さらに、私のコンセプト、「哲学を身近に」の身近な部分に近いなと思ったので、しっかり勉強をしていこうと思っています。 マーケティングと哲学の関係 哲学って普遍性を追い求める […]

>けうブログ

けうブログ

哲学を身近に