TAG

分身主義

「知覚の束とは」ヒュームからみる多様性

私とは何か。 それを考える中で、ヒュームは「人間とは知覚の束である」と考えました。 デイビィド・ヒューム(1711~1776)イギリスの哲学者です。 知覚の束とは、五感による感覚が集まったものです。 五感には、聴覚、視覚、触覚、味覚、嗅覚があります。 ヒュームは「人間とは知覚の束」だと表現し、私とは今の瞬間、これらの感覚が集まったものにすぎないと述べました。 現代社会は複雑性が増しています。 仕事 […]

>けうブログ

けうブログ

哲学を身近に