TAG

優生学

病気の発生と自己

病気の発生と自己   精神病が取りざたされることもある現代。 統合失調症の中で自閉症が言われだしたのは1950年代ごろになります。 この病気の診断の発生を調べた経緯として、病気とナチスの政策が一致していたのではないか、という言葉を聞いたからです。 病気とナチスの優生学 病気の基準だと、おそらく、本人が困るからですよね。 足を骨折して歩けないから病院に通うとか、風邪で体が動かないから休むと […]

>けうブログ

けうブログ

哲学を身近に