TAG

ストア派

記憶とは何か-ストア派哲学と心理学から考察

記憶とは何か。 「記憶力の正体」(高橋雅延 2014)を参考に、ストア派哲学が考えていた記憶と、心理学が捉える記憶を見ていきます。 情報量が多いこの社会。 記憶力が良くなればいいなと思ったことはありませんか? これを読むと記憶力がなくてもいいかな、と思えるようになります。 記憶を忘れてから思い出すことによる、利点がありました。 では、ストア派哲学から記憶を見ていきます。 記憶とはーストア派哲学が考 […]

「善く生きる」個人主義と普遍主義

おはようございます。けうです。 昨日は「善く生きる」について考えてみました。   脳科学とソクラテスを用いたんですけど、考えてみるとソクラテスの時代の頃の人は個人主義的傾向があまりなかったんです。 真実は一つという考え方 ソクラテスは主知主義だったんですけど、知識という一つの真実があると思っていた。 だから、一つに向かう考え方なんですよね。 そう考えていくと、脳科学的な回答とソクラテス的 […]

>けうブログ

けうブログ

哲学を身近に